loading...

PUBLIC-IMAGE.ORG

Creators Dictionary for Realtime Culture

  • PUBLIC-IMAGE.STORE
  • PUBLIC-IMAGE.3D

ECD | 2月21日〜3月5日 | 「ECDの休日」Vol.3

ラッパーECDと写真家植本一子の結婚・出産までをリアルタイムで綴った人気連載「WE ARE ECD+1」より約1年。いよいよECDの新連載がスタート!!
今回は、ECDの休日限定ダイアリー。知られざる彼の休日を、日記形式でお届けしていきます。

Text:ECD


2月23日(火) 晴れ
妻の検診に同行して産婦人科へ。


2月25日(木) 晴れ
井の頭動物園に妻、娘、妻の友人と。
夜、iTunesの聞かなくなったファイルをゴミ箱に入れる作業をしながら考えた。ゴミ箱を共用することはできないのだろうか? レコードなら聴かなくなれば売ることができる。そして誰かの手に渡る。そうやって人から人へと渡り歩くことで、レコードはこの世から完全に消えてなくなってしまうことからまぬがれている。しかし、データファイルは簡単に消えてなくなる。レコ屋で中古盤を探すように誰かが聴かなくなった音楽ファイルを共用のゴミ箱で探し、欲しいものがあれば無料でDLできる。そんなシステムは実現できないのだろうか。


2月27日(土) 曇り
朝から床屋へ。家に帰ると妻も娘もいない。うちに帰ったと妻にメールしたのが11時8分。ひと休みと思い、横になる。ドンキにいると返信があったのが、11時17分。すぐに向かうべきだということはわかっていた。しかし、夜中にライブがある。しかも2本。僕は体力を温存したかった。休めるのは今だけだと思った。電話があったのは11時43分。
「今どこ?」
「え、うち」
「もういい!」
電話は切られた。あわてて家を飛び出したが、ドンキにはもう姿は見えなかった。次に向かうとすれば、スーパーのツカサだ。ツカサの前までたどりつくと、ちょうど妻がベビーカーを押して出てくるところだった。妻は僕の姿を見つけるやいなや、こちらに駆け出しケツに蹴りを入れた。
「メール気がつかなかったんだよ」
うそだった。それから妻はあたりに人がいないのを確かめて、もう一発蹴りをいれた。こういうことが起こるのは、決まって休みの日だ。普段の日なら妻や娘が第一、自分のことは後回しが当たり前になっているのが、ライブの前だけはさすがに自分を守りたくなる。


3月2日(火) 曇り
午前中ツカサ。午後円盤に納品。夜MIXの選曲。


3月4日(木) 曇りのち雨
予報では午後から雨ということで、娘と外に出たいのだが出られない。結局、家から一歩も出ることなく一日が終わった。


3月9日(火) 曇りのち雨のち雪
朝食後妻は産婦人科へ。気圧が低いせいか、娘は珍しく午前中寝るわけでもなくごろごろ。11時過ぎに一緒に公園にでも行こうと窓を開け天気を確かめると、今降り出したところ。今日も娘は外に出れない。
前回の検診の時、逆子だと言われ毎晩寝る前に逆子を直すための体操というのを僕も手伝ってしていた。検診の結果、なんとあっさりと直っていた。妻はさして喜ぶ様子もなく、さも当然という顔をしている。出産も2回目になると、随分精神的には余裕があるような気がする。


ECD

PUBLIC/IMAGE.STORE

RELATED